スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新の矯正治療-インプラント矯正

最近は子供から中高年の人まで歯並びをよくするために、歯科矯正治療をします。有名なハリウッドスター(T.C氏)の矯正治療中の写真を週刊誌で見た方もいると思います。
 では指で触ってもびくともしない歯をいいところに移動させる原理をみなさんはわかるでしょうか。
 ちょっとむずかしいことですが、ちょうど運動会によくやる綱引きを思い浮かべてください。強いチームと弱いチームがひっぱりあうと、最後には弱いチームがひきずられて負けてしまいますね。これを利用したのが歯並び治療の原理です。強い奥歯と弱い前歯で綱引きして、結果として前歯が負けて時間をかけながら数ミリ単位で動きはじめます。これを上手に利用して歯並びをきれいにします。
 ところが歯並びがとくに悪く、強い奥歯を移動させる必要がある時は、簡単にはいきません。奥歯よりさらに強い歯はありませんし、簡単には綱引きで強い奥歯を負かし移動させることができません。そこで強い奥歯を負かすチームの登場が必要となります。これがインプラントです。長さ10mm程度の細いインプラントを顎に移植し(数分で手術は終わります)これと強い奥歯を綱引きさせ、奥歯を負かし移動させます。いままでの矯正治療では不可能だった歯の移動も可能になり、治療期間も大幅に短縮できるようになります。また歯の移動が遅い大人の矯正治療にも適しています。
(写真はかなざわ歯科医院で治療中もので、クリックすると拡大します)
20070427192144.jpg長さ10数ミリの極めて細いチタン合金の矯正用のアンカーのためのインプラントです。
20070427200658.jpgこのインプラントにゴムをかけ、90度以上ねじれている歯を正常に戻しているところです。
20070427192126.jpg矯正用のインプラントの拡大図です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。