スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術中の写真撮影について

通常の手術は局所麻酔剤を使うため、手術時間は限られていま
す。ところが写真撮影をするためには、私は手術の手をとめ、患者さんにもとくに大きく口を開いてもらい、光の調整などしてかなり時間をかけて撮影します。そのために手術時間がかなりのびる時があります。とくにかなざわ歯科医院の手術はベテランの衛生士が手術の器械出し、次にベテランのスタッフがその補助、そして新人の衛生士が外回りならび写真撮影になるのでとくに時間がかかります。ですからもっと写真をとりたいと思っている手術症例でも時間の短縮なためにとらないこともあります。またせっかく撮影した写真がピンボケで使い物にならないこともありたいへんです。ですからここにのせている写真も患者さんの協力(手術時間が延長すること)なしではできませんでした。ライト1 コピー
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。