スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント、歯周病の講演会のお知らせ 7月31日

  平成20年7月31日(木) 13時より
西津軽郡鯵ヶ沢町『ホテルグランメール山海荘』0173728111

青森県学校歯科保健研究大会が青森県教育委員会と青森県学校歯科医会の主催で行われます。
 講演内容は『最新の歯科治療について』、13時10から14時20まで金澤 潤一が行います。14時30分から16時30分まで前弘前市教育委員会教育長の佐藤信隆先生が『その時彼の心が動いた』を講演します。
 参加対象者は幼稚園、小中高の教職員、歯科医、衛生士、教育委員会関係者、PTA(幼稚園、小中高のお子さんがいらっしゃるご父兄)です。弘前市、五所川原市、青森市でインプラントや再生療法に興味のあるPTAの方々はこの機会を利用し、ふるって御参加してください。私の講演はたくさんのスライドをお見せしながらの話なので気楽に最新のインプラント(リコンビナント成長因子を用いた)や歯周病の再生療法についてわかる内容となっています。
 講演内容の一部より~今回は西津軽郡鯵ヶ沢町で開業しているかなざわ歯科医院で実際に行っている治療症例をお見せしながら、最新歯科治療の一部を紹介したいと思います。歯を失う2大疾患といえば、むし歯と歯周病(むかしは歯槽のう漏とよばれていました)です。この歯周病に関する最新の診断法と再生療法をはじめに紹介します。つぎに最終的に歯を失ってからの治療方法としてすでに43年の歴史のあるブローネンマルク式オッセオインテグレイションインプラントの生まれた背景からインプラント治療にかかわる最新治療方法,リコンビナント成長因子を応用したインプラント治療まで紹介します。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。