入れ歯は嫌です!アワビのお刺身が食べたい(歯が1本もないご婦人)

何度調整してもダメ!、何度削っても痛い!、咬めない、痛い    そんな患者様に、歯が1本もなくてもなんでも食べられ、さらに硬いあわびの刺身もたべられるようになる治療方法を紹介します。                                    歯が1本もないと、今まではいわゆる取り外しの入れ歯しか治療方法がありませんでした。痛い、かたい物が咬めない、すぐにはずれる、何となく老け込んだなど不満が多い治療方法でした
 当院にも、ある時60代の御夫人が来院しました。 『歯がなくなってからアワビのお刺身が食べられなくなりました。いろんなところに旅行しておいしいものをなんでも食べたいんです。なんとかできないんでしょうか。ここでインプラントをやっていると聞いて来たんです。』
あわび   御主人といっしょに旅行にいくことをなによりも楽しみにしているとのことでした。
1540-1.jpg 1540-3.jpg インプラントが完成してから、患者さんは各地に旅行にいったそうです。 念願のアワビのお刺身が食べられるようになり、本当にうれしいですといっていました。 インプラント入れ歯 写真からわかるように、下あごの入れ歯は骨と癒着した6本のインプラントで支えられ、入れ歯の痛みの原因となる粘膜から完全に離れています。  何度来院しても、調整しても痛みが取れない入れ歯の特有な痛みからは、完全に開放されます。入れ歯の痛みに悩まされている患者様にも、最適な治療方法です。なお費用は、おおよそ350万円(税込)かかっています。ご主人が出してくれたそうで、優しいご主人ですね。 ご相談、治療の予約は、インプラント治療24年間、コーヌス義歯25年間のかなざわ歯科医院0173-72-6480までお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

プロフィール

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

Author:インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院
FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム