エムドゲイン=エナメルマトリックスたんぱくによる再生療法

(写真をクリックすると拡大します)
e2e1e3




これは下顎の左の奥歯の後ろが重度の歯周病で大きな骨吸収を生じていました。EMDを入れ、約1年後のレントゲンで骨の吸収部位が完全に治癒していることがわかると思います。
 次の写真は著しく歯周病が進行した前歯で、通常であれば抜歯の治療になります。ここにEMDを注入したものが、下の写真です。実際の手術ではこれにさらにPDGF+βTCPも使用していま
す。
e1
 
e2
EMD=エナメルマトリックスを根面に塗布した状態


関連記事
スポンサーサイト

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

プロフィール

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

Author:インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院
FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム