入れ歯は嫌です!奥歯のインプラント治療

女性で奥歯が無くて、前歯だけで食事をしている方が非常に多いです。 かつて一般的な入れ歯を入れた経験があり、痛い、咬めない、不快、バネが見えて年より臭いということで、未使用のままで前歯だけで食事を継続しているそうです。                                              ところが、奥歯がないと100%前歯のトラブルが10年経過後に発生します。                                                          かなざわ歯科医院に来院する方は、前歯の差し歯が何度もとれて作ってもらった歯科医院で再度着けてもらうもすぐに取れた、あるいは何度も腫れて痛い、前歯がぐらぐらして抜けそうですと訴えて来院する患者様が非常に多いです。  来院する前の電話予約の際、症状をお聞きして、見なくてもお口の状態が手に取るようにわかります。実際に来院して、予想通りにお口の奥歯がなく、前歯だけという患者様がほとんどです。                                                                                   治療は単純で、奥歯に痛くなく、不快でないよくかめる歯を入れることと、前歯を根本的に治す、さらに力学的に無理があるブリッジをなくすことにつきます。   奥歯がない場合の治療方法で最適な治療方法は、インプラント治療しかないと思います。 奥歯がしっかり咬める事は、ひいては弱った前歯を守ることにもつながります。                (写真をクリックすると拡大します。なおすべての写真はかなざわ歯科医院で手術したインプラント症例です)                           口腔内初診レントゲン2インプラント2 インプラント装着1
解決する治療方法として写真のように歯の無いところにインプラントを移植すると良くかめ、美しい容貌となります。なおこの患者さんは埼玉からわざわざ来院された方です。
関連記事
スポンサーサイト

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

プロフィール

インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院

Author:インプラントと歯周病治療のかなざわ歯科医院
FC2ブログへようこそ!
お口の環境と全身の健康についてお知らせします。
お口の健康は、オリンピックのアスリートから高齢者まで影響する重要なことです。
歯を長持ちさせるための、インプラント治療の重要性を説明しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム