スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新の歯周病治療

歯周病は、最近いろいろな事で注目されている疾患です。歯周病が重症化すると全身疾患(心臓病、脳梗塞、糖尿病、皮膚炎、早産、肺炎、インフルエンザにかかりやすくなる等)が誘発、悪化することが分かりはじめ、新聞、雑誌、テレビでも取り上げられるようになっています。これらの事については、今後少しずつ説明していきます。
 実際の治療方法は、昔は簡単な口腔内の検査、レントゲンからはじまり、歯ブラシ指導、歯と歯ぐきの掃除(スケーリング、SRP、Fop(歯肉掻爬手術)、薬物療法その後のメインテナンスとなっていました。
 当院で行っている最新の治療方法として 口腔内細菌のDNA検査、患者さんの歯周病に対する遺伝子検査, 位相差顕微鏡による口内細菌の画像分析からはじまり、重症化した歯周病に対し 高度に破壊された歯周組織を再生させるGTR(ゴアテックスメンブレン)法、EMDエムドゲイン)法を用いることで抜かなければならないような歯を多数助けてきました。とくにGTR法は日本に導入されて直後から当医院もやりはじめ、すでに13年の実績があります。
 これらのことを実際の症例をのせながら、わかりやすく歯周病の最新の治療方法について説明していきます。いましばらくお待ちください。
スポンサーサイト

tag : 再生療 GTR EMD エムドゲイン 口腔内細菌のDNA検査

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。